スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

二十九冊目~ごきげんな裏階段~


今回、紹介する本は「ごきげんな裏階段」という本です。
「サマータイム」という本を以前紹介しましたが
その作者(佐藤多佳子さん)の最新作です。

3つの短編集からできていますが
やっぱり「サマータイム」同様、所々で話が繋がったりします。

【あらすじ】
アパートの裏階段は不思議な場所。
タマネギを食べる猫。
笛を吹く蜘蛛。
ダストボックスに閉じ込められた煙のお化け。
純粋で好奇心旺盛な子どもたちは、友達になろうとするが…。



あらすじからして、少しホラーに感じるかもしれませんが
(多分文末に『…』が入っているからだと思います)
いたってほのぼのとした、平和な短編集です。

作中に登場する子どもたちを想像して

「確かに子どもの頃って、好奇心すごかったよなぁ」

と、なんとなく思いました。
怖いといえば、確かに怖いんですけど
それに好奇心が勝つというか。
怖いもの見たさとはちょっと違うと思います。

絵本を読むような感覚で、スラスラと読めます。


スポンサーサイト
line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

line
プロフィール

nago8

Author:nago8

line
FC2プロフ
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2カウンター
line
相互リンク
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。